ボクたちのはじまり

──『文学旅行』誕生秘話──

 それは、出版社に勤めるヒコーキが、ホテル・旅館コンサルタントの友人・イチゲと、5年ぶりに一献かたむけていたときだった。飯田橋の、肴の旨い居酒屋でのことである。

 

「オレ、今、こんなこと考えてるんだ

 

 そのとき、ヒコーキは、密かに温めていた“小さなアイデア”を話した。

「面白いね、ソレ」

 イチゲは、そのアイデアを受け入れた。

 

 すべては、ここから始まった。

 

 それから二人は、毎日のように打ち合わせをするようになった。マクドナルドで100円コーヒーを頼むと、高校生たちの投げ出す足をかき分けて席を確保し、何時間もアイデアを出し合うのである。

 これまでの地域振興やまち興しに欠けていた視点は何だろうか。自分たちの持つ技術や知識、人脈を活かすには、どうすればよいか。組織のつくり方は、どのような方法が最適か──。

 打ち合わせのたびに、小さかったアイデアはどんどん変化し、思いもかけない方向へふくらみ、大きくなっていった。

 

 いったいどれだけの100円硬貨がマクドナルドに注ぎ込まれただろう。やがて1つキーワードが飛び出した。

 

「旅行は、どうだ?」

 

 空気がぐわっと動いた。

 

「……それなら広がりが持てる!」

 

 『文学旅行』は、こうして誕生したのだった──